profile

絵本、児童書の挿絵、漫画、イラストなど。お仕事募集中!
楽しいホームページ
仕事の依頼、マンガの感想、ちょっとしたあいさつなど、ありましたら rokudait@hotmail.comへメールしてください。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

recent comment

archives

tweets

日記

たいしたことではないのに、なぜかめんどくさいと感じること。

 

料理では味噌汁作り。だしをとって具をいれて味噌をいれるだけなので、めんどくさいことはないのだけれど、なぜかめんどくさくかんじる。

味噌汁にいれるわかめの塩抜きも雑に水に漬けるだけなのになぜかめんどくさい。家族がそんなに味噌汁好きじゃないというのもあるかもしれない。今、しょっぱい味噌を使ってるんだけど、早く使い切って、まえ使ってた甘い麦味噌に戻したい。あっちのほうが家族も好きだった。

 

コンピューターの作業ではスキャン。複数枚スキャンするときは特に細切れの待ち時間がたくさんあるのがめんどくさい。

 

アナログで絵を描くときでは水張り。ホッチキスと水張りテープを併用していて、紙をぬらすときも風呂場でシャワーでじゃーだし、最近は絵本のときは、大き目のパネルに平張りしてて、どんどん雑に、楽にしてるのだけれどそれでもめんどくさく感じる。

 

最近、急ぎの絵本の仕事がはいったので、その仕事をやるとき少しでも作業の時間を短くするため、面倒な水張りをやめて、ブロックタイプのスケッチブックに描いてみたらどうかと思って画材屋で見てみた。ブロックタイプというのは、四辺が糊付けされていて、水張りみたいなかんじになってるので、水彩などを使ったとき、紙がふにゃふにゃしないものだ。

 しかし、高い。普通に同じ紙を買うよりずっと高い。しかも絵本の原画となると、原寸で描いてもかなり大きくなるので、めちゃめちゃ高い。20枚はいってて1600円か…ふーん、まあ買ってみようかな…と思ったら、16000円だった。アルシュ(有名な高い紙)だった。

 ぼくは普段ワトソン紙という水彩紙のなかではわりとお安めな紙を使ってるので、それを見てみたら、それでも15枚で4000円以上した。

 

迷うなあー。

 


コメント
コメントする