profile

イラストレーター、漫画家。お仕事募集中!
楽しいホームページ
仕事の依頼、マンガの感想、ちょっとしたあいさつなど、ありましたら rokudait@hotmail.comへメールしてください。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

recent comment

archives

tweets

日記

深大寺のだるま市に行った。とても混んでいた。参道の両側にはテキ屋の屋台がずらっと並んでいて、境内にはだるまを売る店がたくさんあった。

 

 

 もともとTable Talkの小池さんが来るというので、ふらりと行ってみただけなので、だるまを買う予定はなかったのだが、まあ、せっかくだからということで、小さいだるまをひとつ買って、せっかくだからということで、目もいれてもらった。お堂の横に開眼所というのがあって、そこでお坊さんがだるまの左目に梵字で「あ」と書いてくれる。だるま本体は1500円で、目をいれてもらうのはいくらかわからなかったけど、すこしお金を渡すシステムみたいなので、妻に500円置いてもらった。

 念のため、1000円札と500円玉を用意して、入っているお金のかんじを見て、どっちを入れるか妻に選んでもらった。しかし正解はわからない。

 だるまに目を書くのを開眼というのが面白い。

 はじめてのだるま購入体験だったが、なかなか楽しかった。しかし、こんなにだるまを買う人がたくさんいるということに驚いた。だるまってけっこうメジャーだったんだな。ひとのうちに行ったときにあんまりだるまが飾ってあるのをみたことがない気がするけど。みんなだるまをどこかに隠しているのかもしれない。

 

 最近、仕事の締め切りがぎりぎりでずっと家にひきこもっていて気が狂いかけていたので、すこし気晴らしになった。

 

 息子がチョコバナナを食べたいというので買った。ぼくはチョコバナナやりんご飴がおいしそうだなと思ったことがない。親子でも趣味は違う。

 鬼太郎茶屋の前にあるガチャガチャをやりたいと言ったので、それもやらせた。透明のスーパーボールのようなものの中に鬼太郎のキャラクターの人形が入っている。娘とけんかにならないようにふたつ買った。これからなんでもふたつ買わなくてはいけないのだろう。

 こういうおもちゃは僕も子どものころ、好きだったと思う。小さい人形というのと、透明というのが良い。

 

夜、家で息子がだるまになにかお願い事をして、「お願い事がかなったらだるまが天狗になるんだよ」と言っていた。ぼくは、「そうなんだ」と言った。

 

 

次の日は、娘が熱を出したので、家で息子が騒がないように、息子とふたりで百草園に行った。

梅がたくさん咲いていた。

つるし雛というものが飾られていた。この絵は、めんどくさくて描けない。

 

 

夜、妻が娘をつれて病院に行った。娘はインフルエンザだった。

高熱だったが、タミフルを飲ませたら数時間で熱が下がった。強力すぎて怖い。

 

フリーランスなので、休日とか関係ないけど、子どもの保育園が休みなので、やはり土日はあまり仕事ができないなと思った。しかしたまに外に出ることは僕の精神衛生的にも良いことだと思う。一週間くらい近所のスーパーくらいにしか行かず、ほとんど家からでないで、ずっと森田童子などを聴きながら仕事をしていると発狂しそうになる。(聴いている曲がよくないのかもしれないが)

 

だけど季節的にはいいと思う。ぼくたちの失敗。


コメント
クッキー缶は大人向け…というか自分に向けた漫画ですからね!それも読んでくださり、ありがとうございます!

息子さん、絵を楽しめるといいですね!
  • ろくだい
  • 2017/03/08 11:31 PM
お忙しいところ、返信をありがとうございます。

やはり、小さい頃から素敵な環境の中で、絵を学ばれていたんですね。
だから、田中さんの絵は、いつもどこかあたたかいのかなぁ。。。
でも、田中さんが書いた絵本の中には、ほんわかしているだけじゃなくて、深い闇?命の部分を、ザクッと描いているのもありますよね。でもまたそのギャップが、ドキドキさせられて、私は好きです。(クッキー缶の街めぐり)

先月、電車で京都美術館に行って来ました。たまたま無料解放の日があり。
息子には少し難しく感じる絵もたくさんありましたが、中には、「これは、絵の具で描いてないの?何で描いてる?」とか、少し興味がある絵もあったようです。
田中さんがおっしゃるように、絵には色んな形があるんだ、ということを知る良い機会だったのかもしれません。

それと、習い事も、毎週楽しみ!と思えるのって、素敵ですもんね。
本当に大切な部分です。
ありがとうございます。

私はTwitterとかしてなくて、いつもここの&#9993;&#65039;で、すみません。
お忙しい時は、返信など気にせず、目を通して下さるだけで、充分です。
また、つぶやかせて下さいね(^o^;)

いつか、田中さんの個展に、息子と行くのを楽しみにしています。

では、また。。。
  • 水色風船
  • 2017/03/08 10:14 PM
ぼくは小さいころから絵を描くのは好きでした。
母も美大出身で、家でも絵を描いてますし、絵画教室もやっているので、母にも習いましたし、父も芸術が好きなので、父からも大きく影響をうけています。
 小さい団地に住んでましたが、家具みたいなイーゼルとか、石膏像があって、油絵の具のにおいがして、絵がすごく身近でした。

 僕自身は、母がやっている絵画教室に通っていました。

 絵画教室は、先生によっていろいろだと思いますので、なるべく自由にやらせてくれて、先生が優しくて、よく褒めてくれて、行くのが楽しみになるような、絵を好きにさせてくれるようなところがあったら、通うのもいいんじゃないかなあと思います。

 教室に行って、絵が上手になるというより、絵が好きになるとか、世の中にはいろんなタイプの絵や表現方法があるということを知るきっかけになればいいんじゃないかなあと思います。
 
 ただ、ぼくは教育者ではないので、これは僕の個人的な意見です。飲み屋にいた隣のおじさんの話ぐらいのかんじで参考にしてください。
  • ろくだい
  • 2017/03/08 1:07 PM
「見返し」て、言うんですね。

「かめきちのたてこもり大作戦」を今読んでますが、この見返しも、また息子は、じっと眺めていますよ(笑)

一つだけ、質問させて頂いても、いいですか?
息子は、絵を描くのが好きです。だから、いつか習わせてあげたい、と思うのですが、自由にのびのび描いていると、教室によっては、先生に訂正されるという話を聞いて、とまどいました。。。

田中さんは、ずっと小さい頃から、絵を描くのは、好きでしたか?

習い事として、絵を描く事をどう思いますか?
  • 水色風船
  • 2017/03/07 10:25 PM
そうなんですよね。作者の村上しいこさんの指摘で全部のキャラに男女があるんです。
ほっぺのくるくるは僕の趣味で、だいたいどのキャラにも描いちゃうんですが、まつげがあるのは女の子のキャラが多いです!たしかに!
ぼくも子どものとき見返しの地図が好きでした。おまけっぽくていいですよね。見返し。見返しにいろいろ遊びがあるのは好きなので、よくやっているので、ぼくが絵を描いている本をみたら、ぜひ見返しみてみてください。(デザイナーさんや編集者さんの指定で、単に模様にしているときもありますが。)
  • ろくだい
  • 2017/03/07 9:44 PM
こんばんはー。

またまた失礼します。
さっきふと読み聞かせをしていて、息子からの指摘があり。

「人体模型は、男の子じゃないよ。
お母さん、まつげとほっぺたのクルクルをちゃんと見てる?」

失礼しました。私は男の子かと。ずっと読み聞かせしていたのに。。

子供は、細かいところまで、きっちり見ていますね。
あと、表紙の裏の地図を見るのが好きらしく、長い時間眺めています。
本に登場している、お店や、川などがあると、ワクワクするみたいです。

「どうして、こんなにうまく描けるのかな…」
さっき、眠る前の息子のつぶやきでした(笑)
  • 水色風船
  • 2017/03/07 9:18 PM
コメントする