profile

イラストレーター、漫画家。お仕事募集中!
楽しいホームページ
仕事の依頼、マンガの感想、ちょっとしたあいさつなど、ありましたら rokudait@hotmail.comへメールしてください。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

recent comment

archives

tweets

日記

おととい、小学校の国語の先生がたくさんいる前で講演というかトークみたいなのをしてきました。校長先生とか教頭先生もいました。

 講演。

 去年のいまごろ、図書館で講演することが決まったとき、この日記に書いたら、Facebookで絵本作家の方が、「2時間の講演きついですよー。自分は1時間半の講演で人生すべてを話しました。絶対ワークショップをやったほうがいいですよ」と教えてくれたので、そのときは1時間話して、1時間ワークショップにしました。

 しかし、今回は話をきくひとが小学校の国語の先生なので、ワークショップをするわけにもいかず……まあ、話すことなんてないよね。文章書く人だったらまだ、テーマとか、その本を書いたきっかけとか、なにか話すことあると思うんですよね。でも、挿絵画家って話すことないよね。まじで。画材のこととか話してもしょうがないし…。

 それで、ほんとにぼくも人生すべてとおじいちゃんのことくらいまでさかのぼって話しちゃいましたよ。平凡な人間の凡庸な人生の話だから、きいてる人は特に面白かったとも思わないけど…でもなんとか乗り切った!

 実は、絶対ひとりで話すの無理だと思っていたので、事前に誰か司会というか対談相手みたいな人をお願いしますと頼んでおいたのです。それで、「おしゃべり大好きな先生」という人が横にいてくれていろいろ質問してくれたのです。その先生にかなり助けられました。

 最後に校長先生が話をまとめてくださったのですが、それが超うまかった。無内容なぼくの話を、まるで内容があるかのごとく、ちゃんとしたかんじの話にまとめていた。さすがと思いました。

 しかし、校長先生の話をきくことはあっても、校長先生に話すときがくるとはね。

 人生は何が起こるかわかりませんな。だけど、なんでも経験だよね。

 

 ぼくも肝が据わってきたよ。

 


コメント
コメントする