profile

イラストレーター、漫画家。お仕事募集中!
楽しいホームページ
仕事の依頼、マンガの感想、ちょっとしたあいさつなど、ありましたら rokudait@hotmail.comへメールしてください。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

recent comment

archives

tweets

日記

おととい、小学校の国語の先生がたくさんいる前で講演というかトークみたいなのをしてきました。校長先生とか教頭先生もいました。

 講演。

 去年のいまごろ、図書館で講演することが決まったとき、この日記に書いたら、Facebookで絵本作家の方が、「2時間の講演きついですよー。自分は1時間半の講演で人生すべてを話しました。絶対ワークショップをやったほうがいいですよ」と教えてくれたので、そのときは1時間話して、1時間ワークショップにしました。

 しかし、今回は話をきくひとが小学校の国語の先生なので、ワークショップをするわけにもいかず……まあ、話すことなんてないよね。文章書く人だったらまだ、テーマとか、その本を書いたきっかけとか、なにか話すことあると思うんですよね。でも、挿絵画家って話すことないよね。まじで。画材のこととか話してもしょうがないし…。

 それで、ほんとにぼくも人生すべてとおじいちゃんのことくらいまでさかのぼって話しちゃいましたよ。平凡な人間の凡庸な人生の話だから、きいてる人は特に面白かったとも思わないけど…でもなんとか乗り切った!

 実は、絶対ひとりで話すの無理だと思っていたので、事前に誰か司会というか対談相手みたいな人をお願いしますと頼んでおいたのです。それで、「おしゃべり大好きな先生」という人が横にいてくれていろいろ質問してくれたのです。その先生にかなり助けられました。

 最後に校長先生が話をまとめてくださったのですが、それが超うまかった。無内容なぼくの話を、まるで内容があるかのごとく、ちゃんとしたかんじの話にまとめていた。さすがと思いました。

 しかし、校長先生の話をきくことはあっても、校長先生に話すときがくるとはね。

 人生は何が起こるかわかりませんな。だけど、なんでも経験だよね。

 

 ぼくも肝が据わってきたよ。

 


日記

青色申告会に行きました。去年やってよかったことは青色申告会に入ったことです。やっぱ青色申告って素人がひとりでやってても無理。自分がやっていることがあってるのか不安すぎるし、複雑すぎて気が狂いそうになる。

青色申告会のぼくの担当のおじさんはすごい良い人だし、話してるとほっとする。アックスに漫画かいてそうな雰囲気の人です。

 

妻が風邪ひきました。

 

ひさしぶりにmedibang paintのほうで描いてみました。ワンクリックで線のぎりぎりまで色が塗れるのがいいね。

ペンを斜めにすると線が薄くなるのはどういうふうに使うといいのか謎。


日記

もともと僕は待ち合わせに遅刻しがち、家に忘れ物をしがちなのだが、最近外出するとほぼ必ず遅刻&忘れ物をしているので、気をつけようと思いました。

 先日の読書感想文の授賞式では、2年に1回しか着ないスーツを着たのに、駅まで行ったところで足元がスニーカーだということに気づきました。家に戻って革靴に履き替えたら絶対遅刻すると思って、そのまま行きました。でも遅刻もした。

 

 家から新宿まで1時間、新宿より遠くの都会に行くときは1時間半は必要だと肝に銘じておかなければいけない。

 

 

itunesのプレイリストを使って簡単に自分で選曲したCDが作れることを最近知ったので、作りました。


日記

家のちかくに牛小屋があって、先週の土曜日そこに息子と行きました。楽しかったみたいで、次の日も行きたいと息子が行ったので、次の日もそこにいきました。そして、昨日もそこに牛を見に行きました。牛は思ったより大きかったです。尻の穴がぼくの目の高さくらいありました。(写真は子牛です)

牛小屋の近くに、そこの牛乳を使ったジェラート屋もあり、そこでジェラートを食べました。先週は寒いから、息子にだけジェラートを食べさせてぼくはコーヒーにしたんだけど、一度くらい食べてみるかと思って今週はぼくもソフトクリームを食べてみました。体が芯から冷えた。やはりアイスは夏に食べたほうがいいと思う。

 

スーパーマーケットでも東京で作った東京牛乳というものが売られているし、東京といえども牛小屋もあるんだなあ。

 

 そういえば、ぼくは小さいころ昭島に住んでいたのですが、家から幼稚園に行く道、坂の上の十二神社のとなりに豚小屋がありました。なんとなく暗いところに豚が何匹かいた記憶があります。しかし、それしか覚えていない。近くの米屋では、正方形の小さい箱に入ったオレンジガムをもらった。あのへんの夢をたまにみるとなんかどんより暗いかんじがします。

 

 

仕事のこと。

 

一年間、チャイルド本社のことばのえほんの表紙をやりました。

最後の3月号では本文の6見開きのお話の絵も描きました。川崎洋さんの「ワニのおじいさんのたからもの」という話です。なんか雰囲気良い話。あかね書房の「ぼうしをかぶったオニの子」という本の中の一話です。読んだけど、いい本でした。そっちは飯野和好さんが絵です。

 

台湾版がでました。

韓国語版もでています。

重版しました。新しいのも、進んでます。次はシリーズ14冊目かな?すごいよね。

2見開きだけ描きました。

ぼくはこいのぼりのところです。


日記:おすすめ画材文房具

ビリケンギャラリーで冬の虫展やってますが、過去の自主制作本も置いてもらいました。

「あいとへいわ」、「夏休み」はうちにある在庫がなくなりました。(部屋がぐちゃぐちゃなので探せばあるかもしれないけど)

これは絵です。右上のが妻、のざきまいこの絵です。左のが僕の絵。画像はビリケンのツイッターから拝借いたしました。

 

 

使い切ってない文房具や画材を捨てることって、なんかもったいなくて、ぼくはできないんですが、今日20パーセントくらいしか使ってない消しゴムを捨てた。あんま消えないし、すぐ黒くなるから使っててイラつくのです。

 色が出ない色鉛筆とか、穂先が長すぎてふにゃふにゃな筆とか、使いにくい文房具や画材は、使いにくいので使わないから、なかなか減らないからいつまでも残っちゃうんだけど、もう捨てようと思う。

 

今のぼくがおすすめの画材。

 

鉛筆ホルダー

ねじ式じゃなくてホールド力が高い(と思う。)

 

鉛筆削り

色鉛筆も削れる。色鉛筆は芯がやわらかいので、普通の鉛筆削りだと折れることがある。色鉛筆用の削り穴がある小型鉛筆削りの中でも色鉛筆が折れにくい(気がする)

 

名村大成堂 ニューナイロン面相筆(中)

アクリルに使っている。なんか良い。

 

ウェットパレット

facebookで絵本作家さんに教えてもらった。アクリル絵の具が乾きにくいし、数日なら保存できるので超便利。

 

水色シャープペン

漫画とかの下書きに便利。コピーにうつらない。

カラーシャープペンは折れやすいので、0.7mmを最近見つけてうれしい。

 

シャープペン

0.9mmの。意味ないけど1000円くらいの高いのを使ってる。重いやつ。芯は2B。ほんとはもっとやわらかい4Bくらいのがいいんだけど、0.9mmでは見つからない。

 

修正液

ミスノン油性用

妻が友達の夫の漫画家に教えてもらったやつ。ふたの筆は使いにくいけど、慣れてきてかなり細かいのもできるようになった。だけど、つけペンを水にちょんとつけてから使うとペンでも使えたり、とにかく便利。もうひとつの白いフタのやつも買ってみたけど、だめだった。これは、ペンが染料インクだと、紫ににじんできたりして、使えないので、ぼくは染料インクのペンは使ってない。

 

筆ペン

筆ペンっていうかサインペンに近いんだけど、漫画とかによく使ってる。顔料。

 

色鉛筆

ミツビシ ペリシア

ぼくはやわらかい色鉛筆が好き。これは油性色鉛筆のなかではかなりやわらかいほうだと思う。ただ高い。

 

万年筆

プラチナ PREPPY

200円くらいの安い万年筆。インクが染料なので、カートリッジを顔料のカーボンインクっていうのに替えて使ってる。

 

ボールペン

シグノノック0.7mm

太いのが好きなので、太めのを使ってる。顔料だし。

 

トレーサー

toolsの電池で動くやつを使ってて、前の家はコンセント口が少なかったから便利だったけど、このまえコードがちぎれました。だから今は外が明るいときに窓にはりついてやってる…。

 

みんなもおすすめの画材や文具があったら教えてね!

ぼく、ひとりで絵を描いてて、ほとんど独学だから(美大は行ったけど、版画だからね)技術とかが怪しいんだよね。

 

 

 


| 1/398PAGES | >>