profile

絵本、児童書の挿絵、漫画、イラストなど。お仕事募集中!
楽しいホームページ
仕事の依頼、マンガの感想、ちょっとしたあいさつなど、ありましたら rokudait@hotmail.comへメールしてください。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

recent comment

archives

tweets

日記

ひさしぶりにDVD観た。

ぼくは映画秘宝に載ってるような映画が好きかもしれないと最近思うようになった。

一週間に1本くらい観たいものだ。

 

 

蟻はでたけど、マンションはさすがにあんまり虫がでない。分厚いドアから家の中に入ってこない。共用廊下にはめちゃくちゃ虫がいるけど。引っ越す前の小さい家はアリとかハチとかナメクジとかねずみとかいろいろ出たなあ。

 

ほんとは蒸しパンも好きだから、蒸しパンも作りたい。

 

 

ピンポイントギャラリーでの卵展に参加してます。

よろしくね!

 

 

 


日記

わお!うそ!?12月!いつのまにか年末だ!こんな時間の進み方じゃ、いつのまにか死だな。

 

最近出た本です。ぼくが挿絵を描いたりしました。

ひみつのきもちぎんこうの2冊目です。主人公かわるけど、前の主人公もちらっとでてきます。

 

道トーク。道徳の授業用のやつかな?漫画を描きました。もらったプロットをもとにラフと本画を描く感じでした。

フルカラーの漫画。

 

星新一のショートショートをそのまま絵本にしたもの。2つのお話が入ってます。いろんな絵がかけて面白かった。

シリーズ15冊目!超すごいよね。

 

 

 

これは今日見本が来ました。シリーズ6冊目です。よろしくおねがしいます!

 

 

ちゃぐりん12月号に詩の挿絵1点描きました。

 

 

 

もうすぐクリスマスですね。去年出たこのような本もありますので、ぜひどうぞ。

 

ビリケンギャラリーでの続拝啓つげ義春様アックス篇にも妻とともに参加しております!

ぼくの作った冊子

 

妻の描いた絵。

 

 


日記

昨日、昼、絵を描いているときに、なんとなく「今日21日か…」と思った。思った瞬間、どきーっとして、「やばい!今日の夕方編集者とご飯を食べる約束してたかも!!」と思って、手帳を確認したら、そんな予定はなくて、12月21日にその予定が入っていた。よかった。21日違いか。そう思って絵を描き続けてそのまま夕方になり、晩御飯の用意をしていたら電話がかかってきた。

 でたら、12月21日に晩御飯を食べる約束をしているはずの編集者だった!!やはり予定は11月21日だったのだ!「すいませんんん!!先に店に入っててください」といって、自転車をとばしていった。

 

 電話で約束していただけだったので、聞き間違えてそのままメモしてしまったようだ。もしくは11月ときいて「はい、11月21日ですね」と言っているのに、頭の中で12月と変換されてしまっていたのかもしれない。(そういうことってあるよね?)

 ぼくはたまにそういうことがある。このまえ、保育園に子どもを送り出したとき、夕方17時に迎えに行くつもりで、15時と書いてしまって、15時過ぎに保育園の先生から「お迎えにきてませんが、どうされました?」と電話がきたことがある。

 「夕方の5時に迎えに行くんだ」と頭の中で考えていながら書いたので、17時と書くつもりが「5」の数字が入っている15時と書いてしまったようだ。

 

 昨日の失敗は電話で約束したあとに念のためメールを送ればよかったなと思った。ぼくの家の最寄の駅で待ち合わせしていたのでよかったが、もし新宿とかで待ち合わせしていたら、2時間待たせるとかそういうことになっていたかもしれない。

 


日記

今日も豚汁っぽいものを食べた。寒くなってきたし、たくさん野菜を子どもに食べさせられるので、毎日豚汁っぽいものがあってもいいかも。今日はそれから生姜焼き。

 子ども、食事に集中できずに、いつも最後味噌汁が残ってしまい、なかなかそれを食べきることができないので、最近はコース料理みたいに最初味噌汁だけを出す実験をしている。

 

 子どもが保育園でもらってきた柿を食べた。保育園の園庭になっているものだろう。

 

 

このまえ、妻のお母さんがだんごを持ってきてくれた。

夕食後、食べようと思ったら5本入りなのに3本しか入っていなかった。なので、昼間に妻のお母さんと息子がふたりで一本ずつ食べたのだと思った。それで、妻が息子に「昼、食べた?」ときいたら、にやにやしながら「食べてないよ」と言っていた。妻がもういちど「ほんとはばあばとふたりで食べたんでしょ?」ときいたら、「うん。ぼくとばあばで一本ずつ食べた」と言った。

 まあでも、昼間食べたからといって、息子ひとりだけなしだとかわいそうなので、団子を串からはずして、12個の団子をぼくと妻と息子と娘の4人で3個ずつ食べることにした。息子も娘も喜んでいた。

 ところが、後日、妻が妻のお母さんに電話をして確認したら、妻のお母さんはだんごを2本、家で食べてから持ってきたのだと言っていたそうだ。つまり、団子は最初から3本で、息子は昼に食べてなかった!

 最初、本当のことを言っていたのだが、親の意見にあわせて、事実とは違うことを言ってしまったのだ。

こういうこともあるんだなあ。気をつけなくちゃなあと思った。


日記

妻が駅ビルで寿司を買ってきてくれて、夜はそれを食べた。妻のお母さんが手伝いにきてくれていて、豚汁を作ってくれてそれも食べた。息子がはじめて、生魚の寿司(サーモン)を食べた。おいしいといっていた。さらにエビとアナゴも食べた。醤油をじゃぶじゃぶつけていた。娘もつられてアナゴを食べた。

 

息子が書いた文章。なにか不気味だ。

たぶん妖怪ウォッチの影響か、ぼくが最近絵を描いた星新一の「友を失った夜」という絵本の後半に悪魔が魂をとる話があるので、それかなと思った。息子が「魂」や「人生」を理解しているかどうかは微妙…というか理解していない気がする。

 


| 1/414PAGES | >>